お米のはなし(営業トーク)


当社はJAグループの会社なので、フルーツの他、日本各地のおいしい食品を取り扱っています。海外産のものは、日本では調達が困難なもの以外は取り扱いません。フルーツの取り扱いも大きいですが、お米も長い間、通販での販売をしています。

そんな私たちのお米のおいしい話を営業トークを交えてご紹介します。


  よくある質問

どのお米が一番、おいしいですか?

どの銘柄がお勧めですか?



 

私、営業ですが答えが、じつは「ありません」

なぜ、答えがないのか?というと、それぞれのお米には、それぞれの美味しさがあるからです。

 

でも、お客様からの質問にお答えするために、私の場合はこんなことをお聞きします。(営業マンによって対応は違いますので、そこはご了承ください)

今までは、どんなお米を選ばれていましたか? おいしく炊けていましたか?

 そこで、今までのお米に不満があるかたは、ほぼいらっしゃいません。もっと美味しいお勧めのお米を聞きたいかたが大半ですので、迷われている場合には、近い産地のお米や品種、ちょっとだけ私の好みを混ぜておすすめしています。

 お米ごとの味や香りの違いは非常に微妙なもので、水加減や水に浸しておく浸漬時間によっても炊き上がりは変わります。

 産地や品種はいっぱいありますので、選ぶのはむずかしいですが、その中からお米に合わせた一番自分が美味しいと思える炊き方を見つけていただいて、ファンになっていただければ一番うれしく思います。


 いろんな種類の食べ比べ (毎月違うお米が食べてみたい)

【食べ比べをして楽しみたい場合】

 色々な種類がありますので、毎月違うお米にして違いを楽しまれるのも良いと思いますが、お米の産地や品種で水加減や浸漬時間の加減を変えないと満足がいかないかもしれません。上級者の方向けの食べ方ですね。

【おいしいと思えるお米に出会いたい場合】

 3か月~半年ぐらい同じお米にして、そのお米にあった美味しい炊き方を見つけていただくほうがお勧めです。頒布会で年間予約をされていても、途中で変更は可能です。

  全国の産地の人たちが食べているお米ってどんなお米?

全国の色々な産地に果物の出荷などで産地を訪れて、各地の農協のおじさんたちと食事をしたりお酒を飲んだり。

どこへ行っても、おじさん達は同じことを言います。

「うちの県の米が、いちばん、うめえ!」

これは、宣伝のために言っているんではなくて皆さん本気です。

生まれ育って昔から食べてきたお米で、一番おいしく食べられる炊き方を知っているからこそ「いちばん、うめえ」んですね。

全国のお米の中から、色々なおいしいお米と炊き方を見つけてください。