柿の大産地!「 JAならけん」

奈良県の美味しいものといえば何が思い浮かびますか?

「奈良漬」「三輪そうめん」「吉野葛(くず)」「柿の葉寿司」「大和茶」

色々ありますが、私はなんといっても職業柄「柿」です

ここでは「JAならけん」の柿をご紹介していきます

奈良県五條市西吉野町の 柿団地

 

右の写真は見渡す限り一面の柿畑。

奈良県は柿の一大産地で、このような柿団地が他に3カ所ほどあります。

 

この柿団地で多く栽培されている品種は「刀根早生(とねわせ)」という渋柿の仲間で、9月中旬ごろから出回ります。

10月に入った頃から出回る「平核無(ひらたねなし)」の枝変わりとして誕生した品種で、外観はとてもよく似ています。

柿は「剝皮(はくひ)」という柿の枝の樹皮をぐるっと一周むく作業をすることで、果実の成熟促進や品質向上につながると言われています。

 

 

よく野生動物による農作物の被害がニュースになりますが、JAならけんでもよくあるそうです。

 

渋柿ではなく、甘柿の被害が多いようです。

イノシシたちも美味しいものがわかるんですね。

 

おすすめの食べ方は、そのまま味わっていただくことですが、柔らかくなった柿を凍らせてシャーベットにして食べても美味しいそうです。

 

 

今回の写真は8月末頃に撮影した様子ですが、

もう少したった9月中旬ごろから、柿の果実がやわらかいオレンジ色に色づき出します。

 

 

養分の通り道として、根から吸い上げた養分は枝の中心を通って果実にいき、果実から戻るときは樹皮側を通ります。

「剝皮(はくひ)」により養分の通り道を遮断し、果実の肥大を促進します。

「剝皮(はくひ)」した枝は、次の年には切り落としてしまうそうです。

 

JAならけん西吉野白銀営農経済センターの井上さん(左) 全農食品仕入担当の三好(右)


柿にはビタミンCも含まれ、渋み成分のタンニンにはアルコールを分解する作用があると言われています。

つらい二日酔いの日にもよさそうですね。 

このページは2019年の全農食品オンラインショップの記事を参考に作成しています