· 

事務所でシイタケ栽培始めました


12月2日(水)

今年の年末は「蜜入り林檎」が例年より多く注文をいただき人手が足りないので、現場へ箱詰め応援をしていると当社の福島県担当の Y.W.くんからメールです。「しいたけ栽培キット」が当たりました。

?新手の詐欺メールかと思いましたが、話を聞くとJA全農福島さんと「しいたけ栽培キット」を販売しようと思っている。まずは試験的に育ててほしいとの内容(当たったのではなく、当てたので写真をとったりして栽培記録をとってほしいとのこと)

メールは冗談半分でしたが内容は本気でした。


12月8日(火)

写真現物はJA全農福島の「菌床しいたけイノベーションセンター」で製造された菌床玉というものです。※間もなくシイタケが出てくる状態の菌床をご提供いただきました。とのことで、できたての菌床は本来80日ぐらい準備期間が必要らしいです。

サイズは結構大きくて、横21×縦13×高さ15cmほど

生産者さんが実際に使うものと同じなので、一般に売られているものよりおそらく大きいですね。

受け皿は100円ショップのキッチン用品でちょうどいいサイズがありました。


栽培の準備で、袋から出して水洗いします。後で聞くと軽く洗うだけで良かったのですが、ゴシゴシと洗ってしまいました(不安が・・)

「しいたけ」の匂いがするのかと思っていたら、袋から開けてもほぼ無臭でした。


菌床を水に浸してセットしたら、霧吹きで水をかけて湿らせる。

シイタケの芽が出てきたら芽には水をかけない(黒くてぶよぶよになってしますそうです)

トレイの水は茶色になるので毎日取り換えています。

洗い終わった菌床をトレイに入れて、菌床の下から椎茸が生えてこないように水を3cmほど張っておきます。

日中の室温が20℃~25℃、夜間13~16℃が適温のようなので、ひとまずは会社のデスク下で栽培を開始します。

これからは、表面が乾く➡霧吹きで濡らす。「人肌くらいのしっとり」とのこと。

霧吹きでの水やりと撮影記録は女性の A.O.様へお願いしております。彼女の業務外なので報酬は「新鮮なシイタケ」となります。



第2回発生

12月28日(月

本日の収穫は5個。特大サイズは2個で収穫の時の触り心地はしっとりと柔らかでした。きっと柔らかジューシーなシイタケステーキが出来ると思います。

第2回 合計5個

通算収穫合計18個 

 

12月25日(金

第1回目の発生は1個の面からのみでしたが、今回はご覧の通り色々な面から発生しています。さて収穫です。

 

 


12月28日(月

期待通りに収穫サイズに育っていましたが、相当ビッグ・サイズになっています。

おそらく本日の夕食はシイタケ・ステーキにできるサイズ

 

 

12月25日(金

18日に水没させてから7日目、第2回目の発生が始まりました。前回よりも多い収穫が期待できそうな感じです。未だ収穫サイズではないので土日は事務所で放置することにします。

 

 



第1回発生 12月18日までの記録

12月17日(木

水やりを始めて9日。

 

本日の収穫は1個。

最後の1個は他のシイタケが隣にいないので単独で育ち、形が美しいものが収穫できました。

 

収穫合計13個

 

12月18日(金

 

芽が出てきていないので第1回試験はこれで終了します。

完全に4時間くらい水に浸してしばらく放置します。

無酸素状態にして、菌床に刺激を与えて次の発芽を促すという仕組みのようです。

次回の全体に発芽が促進できれば大量の収穫も夢ではありません。記録はしばらく休みとなります。


12月16日(水

水やりを始めて8日、片側しか生えてきませんでしたが、生えてきた場所の生育は良好です。

小さな芽がでてからは、1日で数cm大きくなるためほぼ2~3日で収穫できました。

 

12月16日(水

本日の収穫は3個でした。

大きさは中程度で温州みかんより少し大きいくらいです。

鍋でいただきいたんですが、茹でても元のしっとり感がわかる美味しさでした。 

収穫合計12個


12月15日(火

水やりを始めて7日、順調な生育で本日も6個を収穫。小さなものは2個間引きしてシイタケ同志の間隔を空けます。しかし逆側からは相変わらず生えていません。

収穫合計9個

12月15日(火)昼

収穫したシイタケの試食してみることにします。アルミホイルに包んで会社のオーブンで丸焼きにしてみました。

結果、収穫したてのシイタケはジューシーで、軸(いしづき)の部分も柔らかくて食べれました。


12月14日(月)昼

水やりを始めて6日目でハサミで切りとって収穫です。

小さい方はカサが開ききっていませんが、間引きも兼ねています。

収穫合計3個

 

霧吹きで水をかけているだけなので、特別難しいことはありませんし、匂いもしません。

間違えて最初にゴシゴシやりすぎたせいか、片側からしか芽が出ていないのが少し残念です


12月11日(金)

いかにもキノコらしい形で成長しています。

昨日より軸の部分も太くなってきています。

土日は会社休みなので観察は休みになります。どのぐらい大きくなるのか楽しみです。

 

12月14日(月)朝

事務所でに来てみると大変なことになっています。なんと2日でとてつもなく大きく成長しています。収穫します。

(水は取り換えているので匂いしません)

 


12月9日(水)

早くも菌床からモコモコとしたものが、2か所ぐらいから出始めました。

12月10日(木)

昨日のモコモコした箇所からシイタケの芽が出てきました。本日の芽は3個。全体的にモコモコしてきています。

トレイの水は茶色くなるので取り換えていますが、匂いはしません。(事務所でも大丈夫)

 



写真の「しいたけ」はJA全農福島 園芸センターさんの「愛情しいたけ」です。このような「しいたけ」が収穫できることを目指し栽培していきます。

「愛情しいたけ」は肉厚でしっとりと「おいしい椎茸」

 

 このページを見ていただいたみなさん!

JA全農福島 園芸センターのパッケージの福島の椎茸があったらお買い求めいただき、まずはその美味しさをご賞味ください。よろしくお願いいたします。

ライターM.M.